血糖値の改善には
糖質コントロールが一番!

血糖値を改善する方法

血糖値を改善させる究極の方法をご紹介いたします。このサイトでご紹介する血糖値の改善方法は、1、食事2時間後の血糖値の改善方法 2、空腹時血糖値の改善方法 3、ヘモグロビンA1cの改善方法 の3つです。

1→2→3の順番で血糖値は、改善していきます。ヘモグロビンA1cの改善は最後になりますが、安心してください・・3ヶ月後には驚くべき改善を目の当たりにするでしょう!1から順番に説明していきますので、他の記事もお時間がある時にぜひご覧下さい。

それでは、血糖値を改善するにはまず食後2時間の血糖値を改善することから始めます。

空腹時 2時間後
正常型 100mg/dl未満       正常型
    140mg/dl未満
正常
高値
100mg/dl~110mg/dl
未満
境界型
糖尿病
110mg/dl~126mg/d
未満
140mg/dl~200mg/dl
未満
糖尿病 126mg/dl以上 200mg/dl以上



スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━


★食後2時間の血糖値を改善する方法


食後2時間の血糖値が、140mg/dL未満になるような食事をする事が非常に大切です。それではどのような食事をすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。血糖値を上昇させるのは「カロリーではなく糖質」なので、糖質をなるべく少ない食事にすればいいのです。

1、糖質制限食

2、カーボカウント  

食後2時間の血糖値の改善には、この2つが最も有効です。これからの記事でやり方などをご紹介していきます。熟読していただき、あなた様の血糖値改善にお役に立てば大変うれしいです。

3、運動

運動も食後2時間の血糖値改善に非常に効果があります。こちらに関しても、後ほど記事にてご紹介いたします。

★血糖値の改善 最終目標


A1c
可・不十分 可・不良 不可
ヘモグロビン
A1c
5.8%
未満
5.8%6.5%
未満
6.5%~7.0%
未満
7.0%~8.0%
未満
8.0%
以上

追記: 2012/4~から、ヘモグロビンA1cは上記数字に+0.4%した数字を用いています。つまり「優」=6.2%未満となります。

上のにあります「ヘモグロビンA1c 5.8%未満が最終目標」ですが、冒頭でも書きました、まずは食後2時間の血糖値の改善してからです。

今から3ヵ月後・・あなた様のヘモグロビンA1cがどれだけ改善しているか、すごく楽しみです。頑張りましょう!


スポンサーリンク





サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ