血糖値が上がる原因

血糖値 上がる 原因

1、糖質が血糖値を上げる原因

病院ではカロリー制限を支持するので、血糖値が上がる原因は「カロリーの摂り過ぎにより血糖値が上がる」と、大きな間違いをされている方がおられます。

以前糖尿病の方で低カロリーにしなくてはいけないと考えていたのでしょうが、ランチをおにぎり2個で済ませている方がおられました。

おにぎり2個(約360cal)食べると、普通の2型糖尿病の方は200mg/dLを超えて上がります。原因は簡単でいくらカロリーを抑えても、糖質を抑えなければ血糖値は上がります。カロリーが血糖値を上げるのではなく、糖質が血糖値を上げる事をまず頭に入れてください。ライスは血糖値を上げる代表格です。

 空腹時血糖値2時間後血糖値
正常型100mg/dl未満      正常型
    140mg/dl未満
正常
高値
100mg/dl~110mg/dl
未満
境界型
糖尿病
110mg/dl~126mg/d
未満
140mg/dl~200mg/dl
未満
糖尿病126mg/dl以上200mg/dl以上

スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━


それでは、他に血糖値を上げる糖質とはどんなものでしょうか?詳しくは私の記事にあります「糖質制限食のやり方」・「糖質の量」などの記事をご覧頂きたいと思います。

2、遺伝が原因の血糖上昇

ご両親に糖尿病の方がいらっしゃる場合も血糖値が上がる原因となります。遺伝によりインスリン分泌が少なかったり、うまくインスリンを取り込めない体なのです。

3、生活習慣が原因によるもの

長年に渡る不健康な食生活が原因で、すい臓を駆使し続け結果インスリン分泌が減少したりインスリン抵抗性(インスリンをうまく取り込めない)の体になってしまう方がいらっしゃいます。

これも糖質を(ライス・ラーメン・お菓子など)摂りすぎて、すい臓がインスリンを出し続けて疲労した原因と言えるでしょう。

食後2時間を140mg/dL未満を目指しましょう!


スポンサーリンク





サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ