食後2時間の改善

2時間後の改善

境界型もしくは糖尿病ですと診断された場合、まず一番初めに改善しなくてはならないのが食後2時間の血糖値です。この2時間後の血糖値が改善しない限り、空腹時もヘモグロビンA1cも改善することはありません。

2時間後の正常値は、140mg/dL未満となっています。

 改善目標空腹時血糖値食後2時間
正常型100mg/dl未満     正常型
    140mg/dl未満
正常
高値
100mg/dl~110mg/dl
未満
境界型
糖尿病
110mg/dl~126mg/d
未満
140mg/dl~200mg/dl
未満
糖尿病126mg/dl以上200mg/dl以上


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━


それではどうすればいいか?

1、「これを食べるとこのぐらい上がる」を知り改善する

まず勘違いしてはいけないのが、血糖値を上げるのはカロリーではなく糖質だということです。

糖質の代表格というば、主食であるご飯・ぱん・うどん・ラーメン・そばなどがあります。これらを普通に食べると食後2時間の血糖値を140mg/dL未満には到底出来ません。食べてもご飯なら100g(コンビニおにぎり1個)ですが、軽い運動が必修になってしまいます。ですので「これを食べるとこのくらい血糖値が上がる」と知る訓練が必要です。そのために・・

2、2時間後の血糖測定を行う

食後2時間の血糖値を改善するには、何を食べるとどのくらい上がるかを把握するために食前と食後2時間に血糖測定を行います。「これを食べるとこのくらい血糖値が上がる」と知る訓練を行うわけです。2~3ヶ月ですぐ把握出来るようになります。

食後2時間血糖値改善するアイテムとして血糖測定器は必携です。1万円~15,000円ほどで購入出来ますので是非お持ちいただき、食後2時間を改善していただきたいと思います。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ