血糖値 測定方法

血糖値 測定方法

ヘモグロビンA1cが5.8%以上の方は、血糖値の測定方法を正しく理解して、血糖コントロールを良好に保ちましょう。空腹時血糖値で110mg/dl未満、食後2時間で140mg/dl未満が正常です。

  測定空腹時血糖値(mg/dl)食後2時間(mg/dl)
正常型100mg/dl未満 正常型
 140mg/dl未満 
正常高値100mg/dl~110mg/dl未満
境界型糖尿病110mg/dl~126mg/dl未満140mg/dl~200mg/dl未満
糖尿病126mg/dl以上200mg/dl以上

血糖値の測定は、その結果次第で「食事の糖質量を調整」するのに利用出来たり、「これを食べるとこのぐらい血糖値が上がる」などを知るために大変有効です。出来れば最初の内は、毎食後の空腹時血糖値と食後2時間の測定を行うと感覚がつかめてくると思います。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━


次に血糖値の測定方法ですがで、今回はテルモ血糖測定器で解説いたします。

1、まずそれぞれの本体にチップと針を差し込みます。

2、針を人差し指などにあててボタンを押します。(痛みはありません)

3、1mmほどの血球が指先から出したら、本体にセットしたチップに吸引させます。

4、吸引後、10秒で測定結果が表示されます。

1から4の全工程で1分ほどです。このように血糖値の測定方法は簡単です。詳しい測定方法は、写真つきで楽天市場のページ(テルモ  血糖測定セット)で解説されています。


血糖測定器の値段

テルモ血糖測定器は、13,000円~16,000円ほどで、消耗品の針は30本入りが500円、チップが30個入りで3,600円となっています。

測定1回で130円ほどかかりますが、血糖コントロールには必要なものです。HbA1cが5.8%以上の方は、毎回とは言いませんが血糖値を測定した方がよろしいかと思います。

またテルモ 血糖測定器は、約10cm×7cmのコンパクトで、旅行や持ち運びなどにも大変便利です。

今回は血糖値の正し測定についてでした。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ