血糖値を運動で下げる 

★血糖値 運動 効果

お医者さんの言うとおり、運動は非常に血糖値下げる効果があります。運動したくないなら血糖値を上げる糖質(ライスやパンなど)は、食べるべきではありません。

糖尿病薬(SU剤のみ)やインスリン注射も血糖値降下には役に立ちますが、どうしても副作用などがあり心配している方もいらっしゃると思います。今回の記事は、副作用などは全く無い運動についてです。

下は同じラーメンを食べた時の血糖値の比較表ですが、ベイスンやグルファストを服用しても血糖値の降下が見られないのに対して、歩いた(運動)時はすごい血糖値が下がってるのがお分かりになると思います。

糖尿病薬は、SU剤以外は対した効果がないと言えます、運動の方が遥かに効果があります。
 
  運動   薬なし  ベイスン グルファスト 歩き(運動)
 空腹時111   ±0123   ±0111   ±086  ±0 
 1時間後268 +157289  +166255  +144 231 +145  
 2時間後269 +158346  +223340  +229202 +116

このように糖質を食べた時は、運動すればある程度大丈夫です。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━


また運動のタイミングですが、食後1時間前後で運動を開始するのが最もいいタイミングです。血糖値が上がるのが丁度このあたりなのでそこに運動を合わせるのです。

運動としては有酸素運動と呼ばれる、30分ほどのウォーキングがいいですが面倒ならただ歩くだけでもいいです。

糖質制限食にすれば、運動は基本的には必要ありませんが、いつもライス・パン・ラーメンなどを食べないのもつまらないです。

そういった糖質を食べたい時は、運動を取り入れて好きなものを食べて、血糖コントロール出来れば精神的なストレスもなくなり健康な?糖尿病人になれると思います。

2014/1/30追記:糖尿病薬やインスリンを使用してる方が、運動をし過ぎると低血糖になることが稀にありますので注意して下さい。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ