糖尿病 カロリー制限食

糖尿病とカロリー制限食について解説いたします。

糖尿病の方にとって、食事の摂取カロリーに着目したカロリー制限食が血糖コントロールを良好に保つうえでもっとも重要な糖尿病の治療だと指導されます。

カロリー制限食は、肥満気味の糖尿病の方にはインスリン抵抗性の改善栄養のバランスがとれた食事をする事が出来るので、一般的には良い糖尿病の食事療法とされています。

そして糖尿病のカロリー制限食を作る上で、必須のアイテムが「糖尿病 食品交換表」です。


食品交換表では、食品のグラム数に応じたカロリーが記載されているだけではなく(カロリー制限食)、バランスのとれた糖尿病の食事をするための献立の作り方も紹介されています。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━


糖尿病の方でカロリー制限食を始めたばかりの方は、食品交換表の使い方に難しさを感じる方もいる事でしょう。その際は糖尿病の医師や栄養師、看護師などに相談しカロリー制限食のアドバイスを受けると良いでしょう。

また最近では、スーパーやコンビニの食べ物には、カロリー表示もされています。それらを糖尿病のカロリー制限食に取り入れる事で、日々の面倒なカロリー制限食を作る負担を軽減する事もできます。

糖尿病の方の中には、薬やインスリンといった薬物治療を行っている方も多いと思います。薬を使って血糖が下がるなら、カロリー制限食を食べなくてもいいのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし肥満気味の糖尿病の方には、カロリー制限食は生活習慣改善のための大切な手段なのです。

しかしもしカロリー制限食をしても、糖尿病が改善しないという場合には、カロリー制限食を止めて糖質制限食に切り替える事も必要です。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ