平均血糖値 定義 

定義 

平均血糖値というと、ヘモグロビンA1cを思い浮かべる方が多いと思いますが、他にもいくつか定義されているものがあります。

今回は、いろいろな平均血糖値定義をご紹介いたしますので、参考になさっていただければと思います。

ヘモグロビンA1c 

 ヘモグロビンA1cは、1~2ヶ月の平均血糖値を表すと言われていますが、言い換えると毎日の平均の積み重ねという定義も出来ると思います。

米国 平均血糖値÷30+2.0=ヘモグロビンA1c 

日本 平均血糖値÷30+1.7=ヘモグロビンA1c 

という計算式もあります。例えば、ヘモグロビンA1cが6.2%の方の方は?

日本 平均血糖値=(6.2-1.7) ×30になり、平均血糖値は135mg/dLという風に分ります。ヘモグロビンA1c6.2%の人とは、1日を通して135mg/dLで生活しているとも言えるでしょう。

優良コントロールと言われている、ヘモグロビンA1c5.8%の方ではどうでしょうか?

日本 平均血糖値=(5.8-1.7) ×30になり、毎日だいたい123mg/dLで生活している事になります。

年齢別 ヘモグロビンA1c  

追記: 2012/4~から、ヘモグロビンA1cは今までの数字に+0.4%した数字を用いています。つまり「優」=6.2%未満となります。また文中の数字も+0.4%してお読みください。

ヘモグロビンA1c平均男性女性
20~29歳4.6%4.6%
30~394.7%4.8%
40~495.0%5.0%
50~595.3%5.2%
60~695.4%5.3%
70以上5.3%5.4%

年齢別のヘモグロビンA1cの平均は、4.6%~5.4%と非常に狭い範囲で推移しているのがお分かりになるでしょう。やはりヘモグロビンA1cが6.5%以上の方というのは、かなり血糖値が高いというこになります。

年齢別 空腹時 平均血糖値

  女 
18~19歳88mg/dL85mg/dL 
20~299089
30~399382 
40~499896 
50~59102101
60~69106106
70以上108112

70歳以上の方でも、空腹時の平均は110mg/dL前後です。

ヘモグロビンA1cの定義

定義可・不十分可・不良不可
ヘモグロビンA1c5.8%
未満
5.8%~6.5%未満6.5%~7.0%未満7.0%~8.0%未満8.0%
以上
最終目標は、ヘモグロビンA1c5.8%未満です。そのためには、まず食後2時間を140mg/dL未満にすることから始めます。食後2時間を低くするには、カロリー計 算ではなく、糖質をコントロールして下さい。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ