血糖値とアルコール

糖質0なら、お酒を飲んでもOK

アルコールはカロリーが高いので、カロリー制限という観点からすると当然ダメです。しかしながら、実際は糖質0のお酒であれば血糖値上がりませんので、飲んで大丈夫なんです。

血糖値はカロリーで上がるのではなく、糖質で上がります。ですから、糖質0のアルコールは飲んで大丈夫です。試しに「アサヒ スタイルフリー」の糖質0のビールを飲んで血糖測定してみてください。ご納得していただけるでしょう。
 
注意  糖尿病薬やインスリンを投与をしている方は、糖質ゼロでもお酒類はダメです。低血糖になる可能性があります。

アルコールが血糖値を下げる可能性あり?!

実際に医学関係者による調査はありませんが、糖尿病患者のサイトを見ると、お酒を飲んで朝起きると血糖値が下がる人がたくさん見受けられます。私もそうですが、朝の空腹時血糖値が良好になります。

これは、肝臓がアルコールを分解するために糖を使い、その結果朝方には、血糖値が下がっていると考えられています。

肝臓は糖を作り出すこともしますが、この新生糖を寝てる間にアルコール分解に使うという事です。

糖質0のお酒

糖質0のアルコールは、現在ビール・日本酒・焼酎などが発売になっています。アサヒ スタイルフリーは味もいいですし、適度の量なら是非飲みたいアルコールですね。

お酒を飲んだとしても、食後2時間後を140未満にキープできれば、すぐにヘモグロビンA1cは改善するでしょう。重要なのは、食後2時間後の血糖値をコントロールすることです。

そのためにも初めの内は、お酒を飲んでる時も2時間後の血糖測定を行い動向を知っておいて頂きたいです。

注意 必ず糖質0のものにして下さい。しかしながら、糖尿病薬やインスリン投与の方は低血糖になりますので、いかなるアルコールNGです。


低血糖 原因 症状

血糖値が上がる原因

血糖値の改善方法



サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ