血糖値 基準値

★血糖値 基準値(食前と食後)

会社などの健診で、「血糖値が高いです、気をつけて下さい」などと注意を受けた方もいらっしゃると思います。血糖値の基準値(空腹時と食後2時間)を表にまとめてみました。

2008年6月に日本糖尿病学会は、糖尿病の増加に伴い、空腹時血糖値に新しく「正常高値」という基準値を作ると発表しました。これにより空腹時血糖値が100mg/dl~110mg/dl未満の方は、「正常値だが高め」として注意を促されることになります。

 基準値空腹時血糖値2時間後血糖値
正常型100mg/dl未満      正常値
    140mg/dl未満
正常
高値
100mg/dl~110mg/dl
未満
境界型
糖尿病
110mg/dl~126mg/d
未満
140mg/dl~200mg/dl
未満
糖尿病126mg/dl以上200mg/dl以上


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━


年齢別 ヘモグロビンA1c

追記: 2012/4~から、ヘモグロビンA1cは今までの数字に+0.4%した数字を用いています。つまり「優」=6.2%未満となります。また文中の数字も+0.4%してお読みください。

HbA1c基準値男性女性
20~29歳4.6%4.6%
30~394.7%4.8%
40~495.0%5.0%
50~595.3%5.2%
60~695.4%5.3%
70以上5.3%5.4%

成人~70歳までの年齢別のへモグロビンA1cの基準値は、4.6%~5.4%までの範囲で分布しています。やはり、HbA1cが5.8%以上の方というのは基準値をかなり超えた方ですので、すぐに食後2時間の血糖値を下げる「糖質制限食」を実施した方がいいです。

★ヘモグロビンA1c 基準値

基準値可・不十分可・不良不可
ヘモグロビンA1c5.8%
未満
5.8%~6.5%未満6.5%~7.0%未満7.0%~8.0%未満8.0%
以上

今は基準値でない方も、基準値の5.8%未満にするのは難しいことではありません。血糖値を基準値にするやり方と順序を正しく理解さえすれば簡単です。

血糖値を基準値に戻すためには、食後2時間の血糖値を、基準値の140mg/dl未満にした後、空腹時とヘモグロビンA1cの基準値を目指します。

この順番が大切です、1、食後2時間を140mg/dl未満に 2、空腹時血糖値を110mg/dl未満に 3、ヘモグロビンA1cを5.8%未満へ

血糖値を基準値へ!頑張りましょう!


スポンサーリンク





サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ