「血糖値を下げる」の記事一覧

血糖値を改善する方法

血糖値を改善させる究極の方法をご紹介いたします。このサイトでご紹介する血糖値の改善方法は、1、食事2時間後の血糖値の改善方法 2、空腹時血糖値の改善方法 3、ヘモグロビンA1cの改善方法 の3つです。

糖尿病 カロリー制限食

カロリー制限食は、肥満気味の糖尿病の方にはインスリン抵抗性の改善や栄養のバランスがとれた食事をする事が出来るので、一般的には良い糖尿病の食事療法とされています。そして糖尿病のカロリー制限食を作る上で、必須のアイテムが「糖尿病 食品交換表」です。

持続血糖測定(CGM)システム

持続血糖測定(CGM)システムをご存知ですか?持続血糖測定(CGM)システムとは、約5分おきに最大288回/日連続して血糖値を測定できる画期的なシステムの事です。お腹に約500円玉大のセンサーを取り付け、腰に約120g測定器を巻き付けるだけで測定する事ができます。

血糖値を下げる食品

血糖値を下げる食品を調べてみると、かなり血糖値を下げるのに役に立ちそうな食品がありましたので、まとめる事に致しました。糖質制限食で血糖値を下げる事に成功した方も、ここで紹介する食品を取り入れて、安定した血糖値の管理をお願い致します。血糖値を下げる食品~野菜・・・

低血糖 対処 方法

低血糖の対処方法・・・SU剤とインスリン注射の方は、上記のような低血糖の症状が現れる可能性がいつもありますのでブドウ糖錠剤かキャンディーを携帯していなくてはなりません。糖分を摂って対処すれば2~3分で回復します。

糖尿病検査 方法

糖尿病検査の方法は、病院で行うブドウ糖負荷試験(OGTT)が一般的です。会社などの検診で糖尿病の疑いもしくは境界型糖尿病ですと言われると、このブドウ糖負荷試験で調べられます。それではこの糖尿病検査はどのような方法で行われるのでしょうか?

カロリー制限で改善するのか?

このサイトの「血糖値 上がる 原因」を読んでいただければよくお分かりになりますが、血糖値はカロリーで上がるのではなく糖質を摂取することにより上昇しますので、このカロリー制限が糖尿病の改善もしくは血糖値の改善とは基本的には関係ありません。

血糖値 基準値

血糖値の基準値(空腹時と食後2時間)を表にまとめてみました。2008年6月に日本糖尿病学会は、糖尿病の増加に伴い、空腹時血糖値に新しく「正常高値」という基準値を作ると発表しました。これにより空腹時血糖値が100mg/dl~110mg/dl未満の方は、「正常値だが高め」として注意を促されることになります。

血糖値 飲料

これから紹介する飲料は、難消化性デキストリンと呼ばれる食物繊維が入っているので、食後の血糖値の上昇を緩やかに出来ます。またいわゆる特定保険用食品(特保)の飲料も含まれていますので安心して飲める飲料といえるでしょう。★血糖値の上昇を抑える 飲料・・・

血糖値とコーヒー

コーヒーを毎朝飲む方も多いと思いますので、血糖値へ与える影響について調べてみた結果、血糖値との関係は健康人と糖尿病人とでは大きく判断が異なるようです。判断が分かれているために結論付けが難しいですが、どのように付き合うかまとめました。

血糖値 測定方法

血糖値の測定方法ですがで、今回はテルモ血糖測定器で解説いたします。1、まずそれぞれの本体にチップと針を差し込みます。2、針を人差し指などにあててボタンを押します。(痛みはありません)3、1mmほどの血球が指先から出したら、本体にセットしたチップに吸引させます。4、吸引後・・・

血糖値 検査 方法

病院では更に詳しい血糖値の検査であるブドウ糖負荷試験(OGTT)という検査を受診する事になるでしょう。★ブドウ糖負荷試験(OGTT) 検査方法・・・検査前日の21時までに夕食を済まし、その後は水分を摂らないようにします。そして検査に入る少し前から安静にします。

血糖値 コントロール

血糖値を上げるのは、糖質でありカロリーではない。つまり大切なのは「血糖値をコントロールするには、カロリーを考えるのではなく、糖質を考えていかなくてはならない。」という事です。もうカロリー計算は必要ありません、血糖値を上げない食事を心がけて血糖値を良好に保ちましましょう。

食後2時間の血糖値の重要性

食後2時間の血糖値を上げないようにする事が、糖尿病の治療では最も重要な事です。それではまず、食後2時間の血糖値の正常値とは、どのくらいなのでしょうか?空腹時血糖値と合わせて表にしてみます。

血糖値が上がる原因

★血糖値 上がる 原因・・・1、糖質が血糖値を上げる原因。病院ではカロリー制限を支持するので、血糖値が上がる原因は「カロリーの摂り過ぎにより血糖値が上がる」と、大きな間違いをされている方がおられます。・・・2、遺伝が原因の血糖上昇。ご両親に糖尿病の方がいらっしゃる場合・・・

血糖値とアルコール

アルコールはカロリーが高いので、カロリー制限という観点からすると当然ダメです。しかしながら、実際は糖質0のお酒であれば血糖値は上がりませんので、飲んで大丈夫なんです。血糖値はカロリーで上がるのではなく、糖質で上がります。ですから、糖質0のアルコールは飲んで大丈夫です。

糖尿病薬の効果

★糖尿病薬 血糖値への効果は?・・・面白い効果調査があります、薬が無い状態と上記2種類の糖尿病薬を服用し同じラーメンを食べてみる。また薬が無い状態で野菜を食べてから同じラーメンを食べて歩いてみる。次の表をご覧下さい。

低血糖 原因 症状

★低血糖の原因・症状・・・低血糖の原因としては、糖尿病薬のSU剤(アマリールやパミルコンなど)が効きすぎたり、インスリンを打つ量と食べたもの(糖質)のバランスが悪かったりすると起こります。おおむね低血糖の症状は、血糖値が60mg/dL以下から表れますが・・・

糖尿病薬 種類

糖尿病薬には様々な種類のものがありますが、よく処方されているものが5種類ありますので、ご紹介いたします。1、α-グルコシダーゼ阻害 → ボグリボース・ベイスン・・・すい臓に負担が少ない比較的安心出来る糖尿病薬で、食直前に飲み糖の吸収を緩やかにしてくれます。

空腹時血糖値 定義

空腹時血糖値とは、起床時だけでなく、食後4時間ほど経過していれば空腹時血糖値と呼ぶ事が出来ると定義されています。下の表も、食後4時間ほど経過した血糖値を指しています。

平均血糖値 定義 

ヘモグロビンA1cは、1~2ヶ月の平均血糖値を表すと言われていますが、言い換えると毎日の平均の積み重ねという定義も出来ると思います。米国 平均血糖値÷30+2.0=ヘモグロビンA1c 日本 平均血糖値÷30+1.7=ヘモグロビンA1c という計算式もあります。

血糖値の正常値とは?

★血糖値の正常値(空腹時と食後)2008年6月に日本糖尿病学会は、糖尿病発症防止のため、空腹時血糖値に新しく「正常高値」という区分を作ると発表しました。これにより空腹時血糖値が100mg/dl~110mg/dl未満の方は、正常値だが高め、つまり境界型糖尿病の要注意に入る事になります。

血糖値300超え

血糖値も300超えとなるとかなりの高血糖に入ります。医師の判断にもよりますが、空腹時血糖値が300超え&へモグロビンA1c10%超えなら、糖尿病入院となるケースが多いです。<血糖値300超えの症状>血糖値も300超えとなると、以下のような症状が出て来ます。

血糖値の定義を説明

血糖値とは、血液中のブドウ糖(又はグルコースとも言います)の濃度のことであり、血液100mlの中に何mgのブドウ糖があるかを示しめすものと定義されています。健康な方は、空腹時を常に110mg/dL未満になるように体が調整しますが、糖尿病の方は、空腹時を110mg/dL未満に調整出来ないのです。

LDL 総コレステロールを改善

★LDLと総コレステロール 改善 方法 ・ コレステロールゼロのキャノーラ油、バター、などに変更 ・ LDLを下げる青魚(秋刀魚やサバなど)を毎日食べる・ 肉類と卵を減らす・ 野菜を(主にサラダとその他で1日約300g)食べる ・ ほぼ毎日1~2万歩、歩く  ・ 毎日LDLを下げる、高カテキン茶を350ml飲む。

血糖値を運動で下げる 

下は同じラーメンを食べた時の血糖値の比較表ですが、ベイスンやグルファストを服用しても血糖値の降下が見られないのに対して、歩いた(運動)時はすごい血糖値が下がってるのがお分かりになると思います。糖尿病薬は、SU剤以外は対した効果がないと言えます、運動の方が遥かに効果があります。

血糖値とカロリーの関係

何故カロリー制限食ではヘモグロビンA1cが下がらない、食後に高血糖になってしまうのでしょうか?答えは簡単です、「血糖値を上げるのはカロリーではなく、糖質だからです。」 非常に分りやすい私の実例があります。

糖質の量 具体例(定食・麺類)

★糖質の量 具体例。糖尿病人の血糖値を上昇させるのは、カロリーではなく糖質である。また糖質1gに対して1型糖尿病は5mg/dL、2型糖尿病は3mg/dLの血糖値が上昇します。これを知れば糖質の量に気を付ければ良いということが一目瞭然ですよね。1、麺類の糖質の量・・・ざるそば55g・・・

カーボカウントの説明

糖質1g摂取すると、2型糖尿病患者で3mg/dL。1型糖尿病患者で5mg/dL 上昇すると一般的に言われています。これをうまく利用して、最大血糖値をコントロールします。例えば、2型糖尿病患者が空腹時血糖値110mg/dLでコンビニおにぎり1個(糖質37g)食べると、最大血糖値=110+・・・

糖質制限食の説明

糖質制限食とは、血糖値を上昇させるものをなるべく摂らないというのが基本的な考えです。血糖値をなるべく上げなければ、1日の血糖値の平均も低くキープ出来ますので、必然的にヘモグロビンA1c(1~2ヶ月の血糖値の平均)も下がります。血糖値を正常値にするには、以下の順序が非常に大切です。

ヘモグロビンA1cを改善

ヘモグロビンA1cの改善は、カロリー制限ではなく糖質の制限又は糖質のコントロールで行います。詳しくは、「血糖値 改善 方法」の記事を熟読いただきたいですが、大まかなヘモグロビンA1c改善への道のりを3つ書き留めます。1、自分の今の状況を自覚する・・・

空腹時血糖値を改善

空腹時血糖値を改善するには、食後2時間の血糖値を改善することから始めます。血糖値の改善は、食後2時間→空腹時→ヘモグロビンA1cのの順番で良好になりますので、あせらずゆっくりとこのサイトを読んて血糖値を下げていただければと思います。ヘモグロビンA1cが改善するまでの期間を3ヶ月とお考え下さい。

食後2時間の改善

★2時間後の改善・・・1、「これを食べるとこのぐらい上がる」を知り改善する。まず勘違いしてはいけないのが、血糖値を上げるのはカロリーではなく糖質だということです。2、2時間後の血糖測定を行う。食後2時間の血糖値を改善するには、何を食べるとどのくらい上がるかを把握するために食前と食後2時間に血糖測定を行います。
サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ