「糖尿病 治療 方法」の記事一覧

血糖値を改善する方法

血糖値を改善させる究極の方法をご紹介いたします。このサイトでご紹介する血糖値の改善方法は、1、食事2時間後の血糖値の改善方法 2、空腹時血糖値の改善方法 3、ヘモグロビンA1cの改善方法 の3つです。

糖尿病 カロリー制限食

カロリー制限食は、肥満気味の糖尿病の方にはインスリン抵抗性の改善や栄養のバランスがとれた食事をする事が出来るので、一般的には良い糖尿病の食事療法とされています。そして糖尿病のカロリー制限食を作る上で、必須のアイテムが「糖尿病 食品交換表」です。

血糖値 コントロール

血糖値を上げるのは、糖質でありカロリーではない。つまり大切なのは「血糖値をコントロールするには、カロリーを考えるのではなく、糖質を考えていかなくてはならない。」という事です。もうカロリー計算は必要ありません、血糖値を上げない食事を心がけて血糖値を良好に保ちましましょう。

食後2時間の血糖値の重要性

食後2時間の血糖値を上げないようにする事が、糖尿病の治療では最も重要な事です。それではまず、食後2時間の血糖値の正常値とは、どのくらいなのでしょうか?空腹時血糖値と合わせて表にしてみます。

LDL 総コレステロールを改善

★LDLと総コレステロール 改善 方法 ・ コレステロールゼロのキャノーラ油、バター、などに変更 ・ LDLを下げる青魚(秋刀魚やサバなど)を毎日食べる・ 肉類と卵を減らす・ 野菜を(主にサラダとその他で1日約300g)食べる ・ ほぼ毎日1~2万歩、歩く  ・ 毎日LDLを下げる、高カテキン茶を350ml飲む。

ヘモグロビンA1cを改善

ヘモグロビンA1cの改善は、カロリー制限ではなく糖質の制限又は糖質のコントロールで行います。詳しくは、「血糖値 改善 方法」の記事を熟読いただきたいですが、大まかなヘモグロビンA1c改善への道のりを3つ書き留めます。1、自分の今の状況を自覚する・・・

空腹時血糖値を改善

空腹時血糖値を改善するには、食後2時間の血糖値を改善することから始めます。血糖値の改善は、食後2時間→空腹時→ヘモグロビンA1cのの順番で良好になりますので、あせらずゆっくりとこのサイトを読んて血糖値を下げていただければと思います。ヘモグロビンA1cが改善するまでの期間を3ヶ月とお考え下さい。

食後2時間の改善

★2時間後の改善・・・1、「これを食べるとこのぐらい上がる」を知り改善する。まず勘違いしてはいけないのが、血糖値を上げるのはカロリーではなく糖質だということです。2、2時間後の血糖測定を行う。食後2時間の血糖値を改善するには、何を食べるとどのくらい上がるかを把握するために食前と食後2時間に血糖測定を行います。
サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ