「糖尿病 最新治療」の記事一覧

血糖値を改善する方法

血糖値を改善させる究極の方法をご紹介いたします。このサイトでご紹介する血糖値の改善方法は、1、食事2時間後の血糖値の改善方法 2、空腹時血糖値の改善方法 3、ヘモグロビンA1cの改善方法 の3つです。

持続血糖測定(CGM)システム

持続血糖測定(CGM)システムをご存知ですか?持続血糖測定(CGM)システムとは、約5分おきに最大288回/日連続して血糖値を測定できる画期的なシステムの事です。お腹に約500円玉大のセンサーを取り付け、腰に約120g測定器を巻き付けるだけで測定する事ができます。

カロリー制限で改善するのか?

このサイトの「血糖値 上がる 原因」を読んでいただければよくお分かりになりますが、血糖値はカロリーで上がるのではなく糖質を摂取することにより上昇しますので、このカロリー制限が糖尿病の改善もしくは血糖値の改善とは基本的には関係ありません。

血糖値とカロリーの関係

何故カロリー制限食ではヘモグロビンA1cが下がらない、食後に高血糖になってしまうのでしょうか?答えは簡単です、「血糖値を上げるのはカロリーではなく、糖質だからです。」 非常に分りやすい私の実例があります。

カーボカウントの説明

糖質1g摂取すると、2型糖尿病患者で3mg/dL。1型糖尿病患者で5mg/dL 上昇すると一般的に言われています。これをうまく利用して、最大血糖値をコントロールします。例えば、2型糖尿病患者が空腹時血糖値110mg/dLでコンビニおにぎり1個(糖質37g)食べると、最大血糖値=110+・・・

糖質制限食の説明

糖質制限食とは、血糖値を上昇させるものをなるべく摂らないというのが基本的な考えです。血糖値をなるべく上げなければ、1日の血糖値の平均も低くキープ出来ますので、必然的にヘモグロビンA1c(1~2ヶ月の血糖値の平均)も下がります。血糖値を正常値にするには、以下の順序が非常に大切です。

ヘモグロビンA1cを改善

ヘモグロビンA1cの改善は、カロリー制限ではなく糖質の制限又は糖質のコントロールで行います。詳しくは、「血糖値 改善 方法」の記事を熟読いただきたいですが、大まかなヘモグロビンA1c改善への道のりを3つ書き留めます。1、自分の今の状況を自覚する・・・
サブコンテンツ

ソーシャルSNS

このページの先頭へ